空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

私の家飲み

f:id:akiwo321:20160905085935j:plain

 

 

今週のお題「家飲み」

 

私はお酒は今でこそ飲みませんが、昔はとてもたくさん飲んでいました。

 

毎晩ビール3リットル位飲んでいたと思います。

 

全部家で飲んでいました。

 

煙草もガンガン吸っていました。

 

でも、お昼間は吸わず、家に帰って家飲みする2~3時間で1箱開けていました。

 

今思うとむちゃくちゃな生活でした。

 

おつまみも脂っこいものを好んでいましたし、血液検査ではよくいろんな項目に引っかかっていました。

 

でも、今は煙草も辞める事ができ、お酒も辞める事ができました。

 

今は飲むとしたら、たまにノンアルコール飲料をのんでいます。

 

最近ではジンジャーエールでもいい感じに呑んだ気分を味わえます。

 

おつまみは枝豆とか、豆サラダなどの豆類が多いですかね。

 

先日一口だけお酒を飲む機会がありました。

 

もう、ちょっと口をつけただけだったのに、酔っ払った気分になり、なんと経済的な身体になったのかと、驚きました。

 

今は缶ビール一本も呑めないと思います。

 

ワインを一晩に一本開けていたことが嘘のようです。

 

振り返れば、私はきっとアルコール依存体質だったのだと思います。

 

アルコール依存症って、誤解が多く、毎日呑まないといられないという訳ではなく、呑まなければ呑まないでいられる事も多く、本当の問題は、一口アルコールを呑んだら、『酔っ払うまで』呑まないといられないことも含まれるそうです。

 

だから、本当はお酒に強い人ほど、アルコール依存になりやすいといえるらしいです。(だから私はアルコール依存症体質だったのだと思います)

 

アルコール依存の治療は、ただひとつ。

 

『お酒を呑まないこと』です。

 

だから、断酒会などで励まし合いながら、呑まない暮らしを続ける必要があります。

 

私はだから、今の所ひとりで断酒会をやっている最中の立派なアルコール症患者になるのだと思います。

 

いまだにノンアルコールでも、ビールっぽいものを飲んでしまうのは、恐らくその名残だと思います。

 

いつまた、アルコールに手を出すかドキドキしながら、今日も今日とてノンアルコールで我慢したいと思います。

 

最終的な目標は、ノンアルコール飲料も辞めることです。

 

なぜかというと、、ノンアルコール飲料も結構続けて飲んでいると費用が嵩むからです。

 

発泡酒とあまり変わらないくらいかかると思います。

 

なので、今の所の家飲みの目標は、特別な時だけノンアルコール飲料を飲むようにすることです。

 

いくらノンアルコール飲料でも、毎日飲んでいたら、やっぱり依存症と変わらないと思いますので。

 

でも、たまに相方とおつまみをつまみながら、ノンアルコール飲料を飲みつつ、テレビを見るのは、いい気晴らしで、とても楽しいです。

 

最近は、コラーゲン入りのものなどノンアル飲料にもいろんな種類があり、選ぶのが楽しいです。

 

あんなに呑んでいたのが、ウソのように呑めなくなったのは、まあひとつには病気になったこともあるわけで、そういう意味では、病気のおかげで煙草も、お酒もやめられて良かったです。

 

でも、60才位になったら、また少しお酒を呑んでみたいかなあと、思っています。

 

相方と2人でまた、楽しく家飲みするのを楽しみにしています。

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog