読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

おんな城主 直虎 七話 感想 ネタバレ含む

芸能 芸能-おんな城主直虎

 

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

 

今回は、直親の帰還と家督の相続について今川氏に願い出たところ、井伊家の領地の検地が言い渡されてしまったのでした。


困った井伊家。なぜなら大じじ様の川名の領地には、隠れ里があったためでした。


そこは、大じじ様が井伊家の最後の砦としてかくしておいた場所だったのです。大じじ様、さすがです。戦国の乱世ですから、やはり念には念をが必要なんだなと思いました。このあたり、先週のおとわの当主候補として還俗しなかった決断に通じるものを感じました。


事実、この隠れ里のおかげで井伊家は助かった事もあったのでした。それを聞いた直親は、この里のことは隠しておこうと決めます。そして、次郎(おとわ)に検地に来る人物の人となりや好みや弱点などがないか、駿府の瀬名様に尋ねて欲しいと頼むのでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


次々と事を運んでいく直親に、次郎は政次に相談はしたのか?と尋ねます。すると、直親は政次も自分もお互いそれぞれの父親のようにはなるまいというところで同じ思いであるだろうと答えるのでした。


まあ、このように頻繁に直親と次郎との絆を目の前にして、直親の妻のしのは、泣いてしまうのでした。そりゃそうでしょう。直親さんそこら辺り鈍感さんなのですね。ただ、ほんとに次郎と直親とは何にもないので、なかなか難しい所です。2人はもはや井伊家のための盟友のような関係になっていますからね。


今回は、政次さんが本当に大変な回でした。井伊家と今川氏の板挟みで、検地に来た方はとてもごまかしのきくような相手でもなく、直親は結局の所隠れ里の事を隠すのかどうかを政次に選択を委ねますし、次郎まで直親を助けてやってくれと言って訪ねてくるわ、もう思わず毒を吐きたくなる気持ちもよくわかります。(何気に次郎は政次との縁談に関しては素っ気なさすぎだと思います)


結局隠れ里は見つかってしまいました。…が、ここでまさかの直親の自分は領地を長いこと離れていたからわかりません。からの政次への丸投げには、さすがに驚いてしまいました。政次は苦肉の策で、そこを切り抜けるのでした。


いやあ!びっくり!そういう手がありましたか!と、ひとしきり感心しつつ、直親さん、あんまりです…。と思いました。


瀬名様からのお手紙はギリギリ間に合い、次郎も隠れ里の件に少し加勢することが出来たのでした。瀬名様も本当に次郎のためにいろいろとお話を聞いて回って下さったり、この2人の友情も本当に素敵だなと思います。(まさかのキーパーソンが竹千代だったとは!ついでに、今回瀬名様との結婚も決まりました。瀬名様が出てくると、かわいくて面白くて、なんだかほっとします)


さあ、なんとかかんとか検地を乗り越え、来週はどんな展開になるのか、また一週間楽しみです。

 

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog