読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

ドクターX4 最終話 感想ネタバレ含む

 

ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4 Blu-rayBOX

ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4 Blu-rayBOX

 

 ↑ドクターX4 Blu-ray発売予定です。

 

 

いよいよ最終話終わっちゃいました。

 

毎週のお楽しみがひとつ減ってしまい残念です。

 

今回のオペの患者さんはなんと、城之内先生でした。

 

まさかの膵臓ガンだったとは。それもステージ末期。

 

城之内先生のオペのために三千万もする手術器具をこっそり借りるために、北野先生の第3助手までかってでて、びっくりしました。(正しくは、こっそり借りるために助手についた形でしたが)

 

そうして、病院にも内緒の手術を強行します。(加地先生と原先生が助手についてくれました)

 

けれども、ガンをすべて取りきれずインオペになってしまいます。

 

しかし、未知子はあきらめていませんでした。

 

と、いうのが今回のあらすじです。

 

では、感想に。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

やっぱり、面白かったです。

 

ただ、北野先生の野望ってそんなことだったの?と拍子抜けな感じがしました。

 

それにしても、東帝大学病院のお医者さんたち、中国の大富豪の王超さんにゴッソリ引き抜かれてしまいましたね。(もーびっくりしてどん引きするくらい)

 

これ、本当に起きたらどうなっちゃうんだろうと思いました。

今でも、もう起きているのでしょうか。

 

けれども、野球界なんかを見ても、いい選手はすぐにメジャーに行ってしまいますしね。

 

それにしても、久保東子さんは最後までしぶとかった!天晴れです。

上海でもお掃除しまくりそうです。(産婆さんをかってでて、未知子に手術場を使いなさい!と言った久保さんはかっこよかったです!)

 

最後は蛭間院長は知床に飛ばされてしまいましたね。

金沢より寒そうです。

 

城之内先生のガン、まさかのダウンステージでのミラクルオペに感動しました。未知子はあきらめずにこれを狙っていたのですね。

 

最後のピンチには北野先生もオペに加わってくれて、無事オペが成功して良かったです。

 

まだまだお楽しみシーン盛りだくさんありましたが、この辺にしておきます。

 

このドラマは小ネタが面白いので、ついまた見たくなってしまうんですよね。

 

脇役の豪華キャストの方々のパンチの効いた演技や哀愁漂う演技も楽しく、ついつい見入っしまいます。

 

ラストまで楽しく作り込まれていましたので、本当に面白かったです。

 

本当にいいドラマでした。

 

では。

 

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog