空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

【校閲ガール】地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 五話 あらすじ感想ネタバレ含む

f:id:akiwo321:20161011083224j:plain

 

校閲ガール  五話 あらすじ

 

あこがれイタリア在住日本人スタイリストのフロイライン登紀子の本の校閲を任された悦子は、大喜び。

幸人ともデートの約束ができて、悦子は幸せ全開です。

ところが、フロイライン登紀子さんが、モデルを見たいからということで、デート中に幸人は森尾に仕事で呼び出されます。

気持ちを切り替えて、フロイライン登紀子さんの本の校閲に取りかかる悦子。

その時、悦子に受付の後輩から、フロイライン登紀子が景凡社に来たことを教えてもらいます。

慌てて駆けつけた悦子は、フロイライン登紀子が悦子の後輩森尾が一生懸命集めた小物に、無駄なものを用意するなと森尾にダメ出しをしている姿を目撃してしまいます。

昔からのファンであった悦子は、ショックを受けます。

そして、ついまた思ったことをフロイライン登紀子に意見してしまいます。

と、いうのも悦子はフロイライン登紀子がまだスタイリストとして苦労している時に、作ったパッチワークの話を覚えていたからでした。

フロイライン登紀子自身、何度もダメ出しを受けて、それでもふと、思い立ったパッチワークの小物を手作りして、置いておいたら、それが採用されて、無駄なことなどなかったんだ。と感じたことをエッセイで書いていたことを悦子は、覚えていたのでした。

森尾を慰めようとした悦子でしたが、なんとまた思ったことをそのまま言ってしまって、森尾ともギクシャクしていまいます。


それでも、悦子はめげずに校閲の仕事に向かいます。

事実確認は必要ないと、言われていたのに気になってしょうがない悦子は、浅草のイタリア人に声を書けては、事実確認のアンケート用紙を配ります。

その後、幸人に会う悦子。

悦子は思わず、幸人が好きなことを言ってしまうのでした。

 

それを、聞いた幸人は、森尾に悦子の事が好きなので、森尾の家に住んでいることを、正直に悦子に話したいと言います。


フロイライン登紀子と、ファッション雑誌編集部との撮影は悦子の頑張りが森尾にも、フロイライン登紀子にも伝わり上手く行きます。

撮影がおわり、悦子は森尾のマンションに遊びに行きます。

そして、エントランスで森尾と幸人が一緒に帰って来てしまう場面に出くわしてしまうのでした。

 

校閲ガール 五話 感想


どうやら、悦子と幸人はお互いに好意を持っている様子ですね。

しかし、これからこじれそうですね。

フロイライン登紀子さんは、さすがにめちゃくちゃおしゃれでしたね。

今回の悦子のファッションは、かなり気合いが入っていました。

本当にファッション雑誌から抜け出して来たかのようなファッションてしたね。


校閲部のみんなも、だんだん悦子に染まって来ている様子で面白いです。

悦子の部屋ってスッゴくかわいくて憧れますね。

ザ・女子って感じです。

キラキラしてて、ふわふわしてて、一度あのセットに入ってみたいですね。

それにしても、さあ来週はどうなるのでしょうか?

来週はまたかなり楽しみです。

 

 

www.akiwo.link

www.akiwo.link

www.akiwo.link

www.akiwo.link

www.akiwo.link

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog