空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

【逃げ恥】逃げるは恥だが役に立つ 三話 あらすじ感想ネタバレ含む

f:id:akiwo321:20161012205612j:plain


【逃げ恥】逃げるは恥だが役に立つ 三話 あらすじ

 

ここのところ、様子のおかしな津崎平匡。

というのも、みくりのことをどうやら意識し始めた様子。

35年間女性とお付き合いしたことのない、平匡はどう対処すればよいかわからない。

みくりに話しかけられても、素っ気ない返事しかできないでいた。

困った津崎は、引っ越しを提案する。

みくりにも部屋があって、物理的に距離を取ればなんとかなると考えたようである。


そんな平匡の心の内はわからないみくりは、自分がなにか至らないところがあったか、踏み込みすぎたところがあったのか?と悩む。


ある日炊飯器を買いに行ったみくりは、平匡の同僚の風見にばったり出会い、荷物をもってもらう。


その日の晩御飯の時に、みくりが風見の話をするのだが、心ざわつく平匡は、食事を途中で止めて部屋に籠もってしまう。

そうして、平匡は雇用契約書に、恋愛条項を加えることに。

好きな人と結婚することになったら、この契約結婚は破棄される。と。


そんな中、平匡は会社で同僚のマイホームパパ日野からしつこく葡萄狩りに誘われる。

断りきれず、話を受けた平匡。

葡萄狩り当日、やってきたのは感の鋭い沼田と、イケメン風見であった。

日野一家は子供がまた熱を出して、来られないので、変わりに2人に頼んだらしい。


今回の葡萄狩りには、みくりの伯母の百合ちゃん(アラフィフ独身、イケメン嫌い)も参加することに。

 

 

               スポンサーリンク

 

 

 


無事葡萄狩りも、楽しく終えて、みくりは姿の見えない平匡を探す。

平匡は、御堂にいた。

御堂で、みくりは平匡のことを好きですよ。と、伝える。(恋愛的な意味ではないですけど、とフォローしていた)

平匡は、みくりに、自分はこの先も結婚しないだろうけど、みくりには結婚しても、家政婦さんとして、週に何回か来て欲しいと思っていますと伝える。

みくりはこの言葉を嬉しく受け取る。


そうして、仲良く家に帰り、引っ越しの話は白紙に。


ところが、平匡が会社で仕事をしていると、背後から近づく風見。

平匡とみくりの結婚は契約結婚では?と耳打ちしてくる。

そして、自分もみくりを家政婦さんとして?シェアしたいと言ってくるのだった。


【逃げ恥】逃げるは恥だが役に立つ 三話 感想


平匡がみくりを意識し始めて、がぜん面白くなってきましたね。

平匡の対処法がひとつひとつ面白くて、焼き餅をやくところもかわいくていいですね。

それにしても、イケメン風見さん、油断も隙もあったものじゃないですね。

何言い出すかわからないイケメン怖い。

ただ、個人的には風見さんは百合ちゃんと合いそうな気がしますがね。

今週も百合ちゃんはかわいかったですね。

ところで、平匡の選択肢にはみくりに『告白』するとかいうものはないのでしょうか?

なんか、絶食系男子とか書かれてましたが。


御堂でのシーンは少しいい雰囲気だったので、そこから風見に絶望の縁に叩き落とされた平匡が心配です。

みくりをちゃんと取り戻して欲しいと思います。

 

 

www.akiwo.link

 

 

www.akiwo.link

www.akiwo.link

www.akiwo.link

www.akiwo.link

www.akiwo.link

 

 

www.akiwo.link

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog