読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

【シーズン4】ドクターX ~外科医・大門未知子~ 二話 感想ネタバレ含む

f:id:akiwo321:20161013143528j:plain

 

ドクターX4 2 話 あらすじ


今回は、とある焼肉店で、未知子と晶さんが焼肉を食べているシーンから、はじまります。

そこで、未知子は後の患者となる二岡と出会います。

一方、院長の蛭間と副院長の久保は、経営陣営と会食をしておりました。

前回の公開オペについて追及された、蛭間は、いつものように、お金の詰まった饅頭箱を配り事なきを得ようとしますが、今度はその姿勢自体が責められることになります。

結局、配ったお金は久保が回収し、次こそ汚名返上を宣言し、会食は、終わります。


翌日院長回診で、蛭間は皆にハイクラスハイクオリティの医療をこれから東帝大学病院は目指していくことを指示します。

そんな中、いかにもあまりお金をもったいなさそうな、二岡夫妻が紹介状を持って、黄川田のもとを訪ねますが、蛭間から、お金にならない患者は引き受けないようにと言われていた黄川田は、二岡さんを分院に回そうとします。

そうこうしているうちに、大物政治家の金本が病院にやってきます。(何度聞いても金持ちさんに聞こえてしょうがありません)


外科部長の西園寺たち外科グループがお出迎えに行き、豪勢にお出迎えします。

あとから、そのこと聞いた黄川田も、部下をつれて、お出迎えに向かいます。


お忍びだから、こんなのは困るよといいながらもまんざらでもない金本。


そこに未知子が通りかかり、「お忍びだったんだー」と、いつもの未知子節を出してました。


相変わらず、やっぱり何者がときかれる未知子でした。


そのちょっと、あとで、未知子は二岡夫妻が紹介状などをもってロビーにいるところを発見して、画像を診断します。
 

ガンでした。それも複数転移の。


すぐに手術が、必要なのに、なぜか二岡はなかなかどうしてもサインしようとはしませんでした。

 
その頃、院長蛭間は、明らかに金本を優先し、二岡を後回しにします。

というよりも、日本で一番村民を幸せにしている村長として、雑誌などで取り上げられている、二岡を実は副院長の久保が取り込もうとしているのが面白くありません。


反対に自分が、受け入れた金本先生が、政治資金問題で、とうやら雲隠れするように、入院してきたようで、アタマを抱えます。


なんとか黄川田に転院してもらうべく、検査をしてみたら、なんと、仮病だと思っていた黄川田も、複数のガンに侵されていました。


で、けっきょく、二岡と黄川田は相部屋になります。


二岡は、手術を受けることを決めたものの、やはり逃げ出しているところを、未知子に見つかります。


どうしても叶えたい願いがあるから、手術して、長く入院するのは困るという、ないようでした。


話を聞いた未知子は、二岡の手術で、大きなガンはとりましたが、ふたつのガンを残したまま、手術を終えます。


未知子はこのことで、あちこちから叩かれますが、どこ吹く風。


手術が、失敗したと思われて、金本の手術の担当を外されます。


金本の手術はスーパードクター北野の担当になりました。


これ、切れるの?と北野に尋ねる未知子。

いざ、手術がはじますると、はじめは順調だったのですが、やはり、未知子の見立て通りにオペは緊急事態に。

そこに現れる未知子。

そして、華麗に手術を仕上げていきます。

最後にも、ちゃーんと晶さんと蛭間院長のお約束の掛け合いで、なんか、スカッとしました。


それにしても、焼肉にありつけなかった未知子はかわいそうでしたね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【ドクターX4】二話 感想

 

晶さんと、未知子の食べるシーンはやっぱりおもしろくて、おいしそうです。

それにしても、タンといってしいたけを、たべさせる晶さんひどいですね。


今回、というよりも、今シーズンは特に私には対立関係が複雑でやや難しいです。

とくに、久保東個さんは、つかみ所のない難しいタイプのようですね。

それにしても、未知子はやっぱりわざわざガンを残していたのてますね。

特技も趣味も、『手術』の未知子ですが、基本的には患者さんの、意向を最優先してくれる。そてが、大門未知子なのですね。

今週もやっぱり、じがんがあっという間でしたね。

来週くらいまで三回くらいは復習しておきたいと、思いますを、

やっぱりドクターXは面白いてすね。

 

 

www.akiwo.link

 

 

www.akiwo.link

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog