読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

小洒落れることはあきらめた。(ハンドメイドの写真撮り方その2)

f:id:akiwo321:20160922063256j:plain

 


前回のハンドメイド暮らしの記事で、写真が上手く撮れない嘆きを綴りました。

あれから、様々な挑戦をしてみました。(水晶さざれを散らしてみたり、樹脂パールを散らしてみたり)

もうね、何やってもダメなものはダメでした。

そうして私は小洒落れた写真をあきらめました。

なぜならば…私の作品はまったくもって『かわいらしさ』というものが欠けているのです。(内面が出ているのでしょうか?)

 

例えば、リボンのモチーフを作品に使ってもさーっぱり『かわいく』ならないのです。(リボンですよ!リボン!これ使ってかわいくできなきゃ何ならいいんですか!?)

 

なのでね、堅~い書体でショップロゴを入れてみたのです。

 

はははは!!なんかぴったりです。

やっぱりね…。そんな気はしてたんですよ。

正直私の作る作品は『なんか強そう!』なワケですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そりゃ、そもそも『かわいく』すること自体に無理があったわけです。

 

ただね、今回の写真研究で発見したことがいくつかあります。

『写真が明るい』

『写真が華やか』

『着画が素敵』

『商品自体がかわいさオーラを放っている』

『小物使いが素敵』

などなど。

 

写真の明るさに関しては、お天気の良い日の自然光などがきれいに撮れるようです。

あとは、露出やコントラストを上げたりすると明るくなるようです。(上げすぎたらおかしくなりますが…。特にパール系を実物近く撮るのは難しい。)

 

華やかさに関しては、ひとつの写真の中に同じ作品の色違いも一緒に掲載したりするといいようですね。(色違いなど作れない私にはできないワザ)

 

あと、背景にお花を少し配置してみてもいいようです。(…私にはできないワザその2)

 

着画に関しては…お若いスリム型の女性でしたら、つけたほうがいいと思います。(顔は出さないでいいので。あ、GIF情報はちゃんと消して下さいね)
ちなみに、私は着画は決して出しません!!(出せるはずあるものか!)

 

商品自体のかわいさオーラ…は、書きましたね。かわいいというよりも、よく言えば大人っぽいですかね。(大人っぽいオーラなら出せるかも)

 

小物使い!無理!!

 

え…なんかできることがほぼ無いじゃない?

やはり『売れっ子ハンドメイド作家』への道は険しそうです。(そもそも、、目指していたのか?)


(つづく)

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog