読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

左右がわからない…。そんな私の克服法

左右がわからない…。そんな私の克服法


こんにちは。空想考察です。

ついでに中の人akiwoです。

今日は中の人が悩んでいたことについて少し書きたいと思います。

タイトル通り、『左右がわからなかった』のです。

もういい大人なのに、左右がさっぱり清々しいほどにわからなかったのです。

 

そう。今私は過去形でそのことを書くことができるようになったので、晴れてこの記事を書くことにしました。

 

子供の頃から、左右は何度教えられてもあやふやでした。

そんな私が大人になって医療機関に勤めたことにより、いよいよ左右は反対に認識してしまうようになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

だって、医療の場面では対面した患者さんの右左を左右反転して考えないといけないからです。

ドクターから右上と言われれば、それは正面向かって左上なのです。

ここで、私は左右はしっかりと反対に覚えてしまいました。


なにが困ったかって、車の運転やら道案内です。

基本的に指差しでしかできませんでした。

運転していても、右と言われれば左に曲がり、左と言われれば右に曲がっちゃうのです。

 

いつもパートナーにウンザリされていました。

で、そのまんま人生も何十年過ごして来てしまいました。

 

これではいけないと、お箸が右とか、鉛筆が右とかいろんな覚え方をしたのですが、私どうやら元々左利きだったようで、いろんな場面でとっさに左手が優位に動いてしまうので、いよいよどうにもなりませんでした。

 

このまま、一生右左わかんないまま暮らしていくのかなあ…。とあきらめかけていたのです。

 

…でもね、あっさり解決しました。

 

30代もとうに過ぎていたのですがね、紙に大きくマジックで左、右と書いて、『トイレ』の正面の壁に貼り付けました!

 

もうびっくり!!

効果は絶大でした。

 

すんごい原始的だと思うのですが、ものの数週間で指差し説明を卒業できました。(それでも数週間かかったケド)

 

もうね、このまま忘れないようにずっと貼っておきますよ。

 

もし『左右がわかんない』でお悩みでしたら、一度やってみて下さい。

 

インターネットで検索してても、『左右』と入れれば『わからない』が上位に出てくるくらいです。案外と困ってる人は多いと思います。

 

まあ、ひとつの解決法として恥ずかしながら記事に書いてみました。

では。

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog