読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

おのれ、小洒落れた写真にならぬ!(ハンドメイドの写真について)

f:id:akiwo321:20160922063256j:plain


ハンドメイド暮らしはまだ続いております。

ただ、最近あることに気がつきました。

 

『インターネットで物を売るには写真が大事!!』ということに。

 

ただの商品写真をペラリと一枚くらい載せてるくらいじゃあ、売れません。

 

スポンサーリンク

 

 

全体像、サイズがわかるもの、拡大図、裏側図位はあったほうがいいでしょう。

着画は自信のある方はつけたほうがイメージが伝わりやすいみたいですね。(私はしませんが)

 

でもはじめは、私も写真一枚だけでした。(それも背景とかなーにも考えて無かった)

でもね、今は撮影ボックスなる便利なものがあるのです。

まあ、でっかいスケッチブックをL字に立てて大きな画用紙を載せても簡単に撮影ボックスがわりになります。

んで、それを使えばあら不思議!綺麗な白い背景になるのです。

 

写真を撮るときは、デジカメよりも今はスマホの方が便利な気がします。

アプリとかですぐに切り出しなどして、すぐにそのままサイトにアップできますからね。

 

で、そんな感じでやっておりましたが…私はさらにあることに気がついてしまいました。

 

『なんか…もしや殺風景じゃね?』ということに。

 

私はとあるハンドメイドサイトを利用して作品を販売しております。

なので、他の方々のおびただしい数の写真と並ぶことになるのです。

で、毎日眺めておりますと、すぐにバンバン売れてしまう作家さんなどを覚えてくるわけですね。

 

そういう方々は、背景が凝っているのです!

ことごとく、小洒落れているのです!!

 

ただの白い背景の人がほとんど見受けられないのですよ。

なんか、雑貨屋さんから切り抜いてきたような、それはそれはお洒落な写真なのです。

小物などをチラリと置いてみたり、洒落たロゴをあしらったり。

 

それらを眺めた後に、自分の写真を見て感じた感想は、

 

『是正に無骨也!』でした。

 

女性受けしそうな柔らかい雰囲気などは一切ないのでした。(まあ、作品もそれなりにしっかりと無骨なのですがね)

 

それで、どうにかしようとしたのですがね…できないのですよ。

どうがんばっても、『小洒落れた写真』にならないのです!

流木やら、貝殻やら置いてみたりしても…合わない。

作品と致命的に合わない!!

そもそも、私の作ったものに『海』をイメージしたものなどないのです。(ダメじゃん)

 

トルソーなどデカくて家に置けませんし。(そのトルソーを買うのに、ネックレス一体何個売ればいいのよ?といった裏事情もアリ)

 

これから秋ですから、落ち葉やドングリあたり拾ってくればいいんでしょうか?

…途方に暮れております。

もし、落ち葉やドングリを背景にあしらったハンドメイドを見かけたら、それはもしかしたら私の物であるかもしれません。

 

ロゴまで『質実剛健』に作ってしまい、現在絶賛後悔の真っ只中です。

 

どうやらハンドメイドとは、どえらく難しいものではないかと感じ始めた今日この頃です。

(つづく)

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog