読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

空飛ぶ広報室 3話 あらすじ感想ネタバレ含む

広報室との懇親会に出席するリカ


ようやくリカは広報室の懇親会に出席した。
開始早々、空井が会費を集めて回る。
自衛隊には接待費はないので、リカにも負担をお願いする(利益供与にあたるため)
リカはもちろんと払う。
そこで、じつは広報室で出されいるコーヒーも隊員の自腹であることを聞いておどろく。


話は自衛官の恋愛事情についてに。
片山の振られ話にはじまり、とにかく出会いがないこと、転勤が多いこと、離島勤務などになったら、本当に恋愛が続かないことなどの話が次々飛び出してくる。
話は空井にも向けられる。
彼女はいないんだろ?と聞かれて、いえ…。と答える空井を見てリカは動揺している。
実は空井にも彼女はいなかったのだが、片山達からいないって決めつけられて、ちょっとムッとしたらしい。


話はリカにもおよぶ。合コンのセッティングとかしてあげてよ。自衛官とかどうよ?と鷺坂室長に頼まれて、尋ねられたリカは、空井さんには確かに助けてもらいましたけど、そんなんじゃありません!と答えてしまう。鷺坂からの、いや、自衛官全般の話だったんだけど…。との言葉をうけて、バツの悪かったリカは、恋愛には不自由していませんから合コンはしません!と発言するリカ


飲み会の帰りに、空井は鷺坂室長から、百里基地でのとても仲のいい同僚だった峰永の結婚が決まった話を聞きます。

部屋で電話を前に悩む空井は、結局峰永に電話はしませんでした。


感想1


自衛官のお仕事は心意気なのですね。
コーヒーも自腹、携帯も自腹、残業代ナシとは恐れ入りました。本当に、イエス!心意気ですね。

なんだか、リカと空井がいい感じですね。もう、空井にはドギマギしてしまいます。リカの表情もいいですね。

それにしても、離島勤務はものすごく大変なお仕事だなと感じました。片山を見直してしまいました。

空井と峰永にはなにやら事情がありそうですね。
峰永は一話のドッグファイトのあとのシーンで出てきたナッシュさんですね。
 

峰永の結婚


リカ、働く制服シリーズのネタにつまってしまいます。  
そして、ふと自衛官の恋愛事情を取り上げてみることにしてみます。 

リカは広報室を訪れて、まず鷺坂室長と奥様の話を聞きます。
とても素敵な奥様で、転勤する度に街を散策しては、素敵な場所をメモスケッチして、鷺坂が休みの度にそこに連れて行ってあげるのでした。
あとの皆は取材を嫌がります。
石橋二曹と片山のやけっぱち話だけの取材で終わってしまいました。

阿久津は、そのVTRを見て、お前は一体何を伝えたいんだ?こんなレベルの低い質問をさせるな!とリカを一喝します。


空井、帝都テレビにトップガンをデリバリーの企画を持ち込むが、苦戦する

空井は帝都テレビに自分の考えた企画を持ち込みます。
が、感触は悪く落ち込みます。
そんなときちょうどリカと会います。
リカとロビーで話すことに。
なかなか理解されないと悩みを吐露する空井に、空井達と合コンしたいって女の子もいますよ。合コン企画しましょうか?と言うリカ。
 

一方でやはり企画に悩むリカは、空井に結婚したりする人いないかと尋ねるリカ。
はっ!とした顔をする空井。その顔を見て、お願いしますと頼み込むリカ。

空井、百里基地に連絡する。
峰永の留守電にメッセージを残す空井。

リカ、藤枝に自分が地雷発言ばかりしていることの反省を述べる。

空井は峰永さんに会いたくなさそうだったのに。と。


リカと空井、百里基地へ


リカと空井は峰永の恋人滝川アンナに会う。
空井とアンナは知り合いだった。

空井がカメラマンの坂手らに飛行機のくる方向などを教えているとき、リカとアンナは2人で話すことに。そこでアンナは峰永が空井にまた、ドッグファイトするのを待っていると、残酷な約束を空井と交わしたことを伝えます。

とうとう峰永の飛行機が戻ってきて、峰永が飛行機からおりて空井の元へ向かってきます。

リカはカメラを止めて、ほかの準備を頼みます。

峰永と空井は抱き合って静かに再会を喜びます。
そのあと、空井はお祝いといって、峰永を投げるのでした。


感想2


確かにリカのはじめの企画は、ただの恋愛話をつなげただけの映像で、メッセージ性は有りませんでしたね。番組を作るって大変なのだなと感じました。

空井は空井でなかなか思いが理解されずに苦悩しているようです。でも、なんだか広報官としての芽生えのようなものが見えてくるようになってきましたね。

複雑な気分で結婚式の取材の件について連絡する空井でしたが、きちんと留守電にもメッセージが残せて良かったなと思いました。

やっとリカが、自分の地雷を踏みまくる発言に対する自覚が出てきたようです。こちらも成長しているのですね。
峰永と空井の再会シーンにカメラを止めるリカからはちゃんと成長している姿が感じられました。

空井と峰永のシーンはジーンと感動してしまいました。


結婚披露宴


峰永とアンナの披露宴で、リカはカメラマン坂手に、自衛官を全面に出すのではなく、ごく普通の幸せそうな姿を映して下さいと頼む。
坂手はだまってそれを引き受けます。

空井とリカはアンナの両親の席が空いていることに気がつきます。
両親を外に探しに出る空井とリカ。
外で娘の結婚に納得できていない父の言葉を聞きます。
空井はアンナの父と話をしてみることにします。
空井はちょいちょいと手招きをして、リカを呼ぶのでした。


感想3


アンナの父の言葉はリカが以前に言っていた言葉とほぼ同じものでしたね。
ただ、このシーンですが、空井の、ちょいちょいっと手招きするシーンがあまりにもかわいらしくて、何度見てもそこしか目がいかないのです笑
反則的にチャーミングを炸裂させています。


鷺坂室長のスピーチ


鷺坂室長のスピーチがはじまりました。空井とリカは百里基地での空井の上官、村瀬と話しているときに、鷺坂室長の奥様がもうお亡くなりになっていたことを聞き、2人はおどろきます。

そんなことを微塵も感じさせず鷺坂は素敵なスピーチをするのでした。そして、締めくくりに、どんなにケンカしても、玄関で見送る時には笑顔で送り出してあげて下さい。送られる方も笑顔で返して下さい。と伝えるのでした。

鷺坂のスピーチで気持ちのほぐれたアンナの父は峰永に娘を強く託すのでした。


披露宴のあとの広報室独身者の飲み会


披露宴のあとに広報室の独身者だけを集めて、飲み会が行われます。そこにリカも参加します。

その場で片山が、リカと柚木をガツガツとおっさんだと言い放ちます。

それを聞いたリカは、ガツガツはやめてください!というのですが、柚木から、真摯に受け止めるんじゃなかったの?と言われて、ムッとして、ガツガツで結構です!おっさんよりマシです!と答えます。
リカと柚木が険悪な雰囲気になります。

ところが酔っ払ったリカと柚木は意気投合してしまいます。
酔っ払ったリカは、柚木を空井と勘違いしながら抱きつきながら今まですいませんでした~。とあやまるのでした。
柚木も柚木で、いいよ!いいよ!と答える息の合った?2人なのでした。


感想4


室長のスピーチは本当によかったです。さすが、室長がスピーチした夫婦は離婚しないというジンクスがあるのも頷けました。

それにしても、柚木に抱きついてあやまるリカはかわいかったですね。
空井もドキドキでしたね。
本当にかわってもらえばよかったですね。
1視聴者といたしましては、激しくみたい!と思いました。

それにしても、この回もリカがまたびっくりするくらい綺麗でしたね~。リカと空井、2人とも美人さんなので、本当に目の保養になるドラマです。

では、また。

 

【Amazon.co.jp限定】空飛ぶ広報室 DVD-BOX(コースターセット付)

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog