読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

【できしな】私 結婚できないんじゃなくて、しないんです あらすじ感想ネタバレ含む

 

目次

 

できしな 7話 感想


諒太郎(瀬戸康史さん)くんの部屋にいる梨花(大政絢さん)ちゃんにびっくりしましたが、ちゃんと別のわけがあり、ひと安心。

それにしても、梨花ちゃんは諒太郎くんの事を好きだと思うのですが、結婚が絶対条件の梨花ちゃんには、諒太郎くんは結婚相手としてまーったく視野に入れて無いみたいですね。

 

このお話では、好きって気持ちと結婚とで、かなりドライな考え方が描かれてますね。

私なんかは、好きだから結婚するのが自然な気がします。

ところで、今回は遊園地での諒太郎くんとのデートシーンでみやびは、十倉のアドバイスを実行します。

 

でもね、私いつもみやびが十倉のアドバイスに従ってデートや合コンや婚活パーティーなどで実践しているシーンは、あまり共感できないのです。

だって、どのシーンもみやびは一生懸命言われたことを必死にやって、みやび自身が果たして楽しいのかな?と思ってしまいます。

 

今も、みやび(中谷美紀さん)は、本当に諒太郎くんの事を好きなのかな?好きになろうとしている気がする。まあだけども、じわじわ惹かれていっている部分もあるのかな?

諒太郎くんはあっさり、みやびに結婚しよう!って言ってましたね。(実家の家業を継ぎたくないらしい。まあ逃げからの結婚)

 

そのことがみやびの心に引っかかり、今回はじめて、みやびと諒太郎くんのケンカのシーンがありましたね。だから、ちょっとドキドキしました。このまま諒太郎くんがふわふわっとしたいい人なただの当て馬キャラにならなくて良かったです。

 

十倉(藤木直人)さんはあいかわらずのマシンガントークすごいですね。セリフ覚えるの大変そう。でもね、みやびと十倉は意外に気が合っているように見えるのです。

 

うーん。一体誰とくっついて欲しいのか難しいですね。

 

十倉はみやびにはどうやら『俺様』があまり通用しないので、これはこれで、アリかもしれないと思いますけど、やっぱり気の置けないお友達で終わるのでしょうかね?

 

ところで今回は、無理して笑うみやびを見て、桜井(徳井義実さん)くんがみやびにキスしちゃいました。

みやびは諒太郎くんとうまくいっているって強がってたんですけど、ケンカしてうまくいっていないことを桜井くんに見破られちゃったのですね。

 

本来ならここでときめくはずなのですが…おや?なんかちがう。

 

なんだか学生時代の桜井くんとみやびの甘酸っぱい回想シーンはとても好きなのですがね…大人の桜井くんとみやびに惹かれあう雰囲気がちょっと足りない。

学生時代の桜井くんを演じてる、健太郎くん、すごく自然な演技で、学生時代のみやびを演じてる松井珠理奈さんとの回想シーンを毎回楽しみに見ています。

 

でもね、ときめくはずのキスシーンだったのにときめかなかったってことは、私、個人的には、みやびには諒太郎くんを選んで欲しいってことかな?

なーんかね、諒太郎くんはまだ何か隠してる感じがするんですよね。

 

それに、諒太郎くんはなんだかんだ、やっぱりみやびのことかなり本気なんじゃないかな?(けっこうやきもち焼いてる気がする)

ただ、諒太郎くんは、本当にみやびが諒太郎くんのことを好きになったら、興味をなくしてしまったりするんじゃないだろうかとも心配しています。

 

諒太郎くんは、みやびが自分のことを見てくれないから、気になる。だけども、みやびには他に好きな人がいるから本気になりたくない。だがしかし、みやびが自分に本気になるのは重荷に感じるのではないかと思うわけです。(だってまだ20代だしね)


非常に悩ましいドラマです。

 

みやびと諒太郎くんのシーンをみると、諒太郎くんを選んで欲しくなるし、桜井くんとの回想シーンをみると、桜井くんと結ばれて欲しいし、十倉といるところをみると、あ、十倉もいいかも。って思っちゃうんですよね。(まあ、これはないか)

 

ところで、今回十倉の出て行った妻(長谷川京子さん)になにやらいい人との出会いがあった模様。

十倉は妻と娘を取り戻すことはできるのでしょうか?

こちらも心配です。

なかなかすんなり事は運びませんね。

来週もまたドキドキさせてもらえそうです。

 

  

できしな 8話 感想

 

前回の続きから

 

前回、桜井(徳井義実さん)がみやび(中谷美紀さん)にキスしたのだが…結局、アレ?イヤ?何でだろうという反応の桜井。

 

◆感想1

 

とりあえず、桜井は…みやびにキスしたあとが残念でしたね。

それにしても、キスしておいて何でだろうってなんだかモヤモヤしますね。

 

みやびもずいぶんととまどっていましたが、十倉はそれでヨシ!と合格点を出します。

みやびはキスも気になっていたのですが、なにより諒太郎との事が気がかりのようでしたね。

 

そんななか、十倉はみやびに理想の男と結婚する方法を伝授していました。

十倉的には桜井がターゲットでしたが、みやびはそんなの不誠実だ!と、諒太郎と結婚することを前提に進めるといって啖呵を切ってお店を出て行きましたね。

 

ここら辺で、実のところ十倉は女心に疎いのではないかと、私は勝手に考察してしまいました。

もしかして、十倉ってみやびに劣らず天然さんな気がします。

 

諒太郎もいろいろと考えているのでしょうね。

ちゃんとみやびのことを考えているから、連絡できないし避けている気がします。

このあたりになると、みやびの中で諒太郎>桜井になってきているような気がします。

 

十倉の別居中の妻、千波さんは…なかなか強烈な人ですね。

千波さん的にも十倉がみやびの恋愛相談にのったりしているのは信じられない様子。

どうやら、十倉は基本的に人の世話などしないタイプなんでしょうね。

おそらく、十倉は千波にはみやびに対するみたいに素の自分が出せてなかったのではないでしょうか?

なんだか…家族といる十倉はいい人ぶってますよね。

 

回想シーンの桜井くんはみやびを意識している演技がとてもいいですね。こちらまでドキドキします。

ただ、ここまでの桜井をふりかえると、女性を好きだと思っても、一途に思うタイプではないようですね。

桜井と楽しげに語り合うみやびを見つめる諒太郎はどう感じてていたのでしょうか?

 

みやびが、諒太郎が同級生くらいの子たちと話している姿を見た時に感じたものを、諒太郎はカフェで桜井とみやびが話している時の姿に感じたのでしょう。

とても対象的なシーンに感じられました。

 

諒太郎くんはみやびを振っちゃいましたね。

みやびは思った以上に諒太郎の事を好きになっていたようです。

水風船の釣りを使ったシーンはとても印象的でした。

でもやっぱり諒太郎はみやびの事は本当に思っていたと思ってしまいます。

 

 

ところで、十倉が高木に怒りを露わにするシーンはなかなか凄みがありました。

藤木直人さんの怒ったシーンってあんまりみたことなかったのでびっくりしました。

 

娘が自分の味方をしてくれなかったことは、十倉にとって最大のショックだったと思います。

理屈の上では十倉の方が正しい。

けれど人の気持ちは理屈では割り切れないものがあるのだなと考えさせられました。

 

でもやっぱり千波さんが、養育費は欲しいけれど、別の人と交際したいとはっきり言っちゃう所は激しく理解に苦しみました。

いや、これは十倉的には女性不信になってもおかしくないと思います。

 

 

妻に振られて、風邪を引いて引きこもっている十倉とみやびのシーンは良かったですね。

ところで、あの赤いどてら?があの十倉の家にあったことにびっくりでした。

 

肉じゃがより弱った時の雑炊は確かにポイント高そうです。

三つ葉じゃなくて、ネギっていうのもいいですね。

ちょっとスキのある料理がいいのかもしれません。

 

肉じゃがは、かなり家庭によって好みの別れる料理ですので、難易度は高そうです。

こっくりした甘めの肉じゃがが好きな方もいれば、出汁の染みた出汁多めの肉じゃがが好きな方もいますし。

雑炊なら、そんなにそこまで大幅にズレることもないでしょう。 

一緒に雑炊を食べるみやびと十倉はとてもいい感じでしたね。

 

 

やっぱり諒太郎はみやびの事を思って身を引いたのですね。

諒太郎はみやびが自分に対して無理しているように感じていたのでしょうか?

ここまでのお話を振り返ると、みやびが真剣に告白したのは諒太郎に対してだけなんですけどね。

諒太郎はみやびは自分に本気にはなってくれないって自信がなかったのかな。

なんだかんだ、諒太郎は案外やきもちやきな気がします。

 

 

千波はたくましすぎます。空恐ろしくなりました。

ただ、千波的にも、みやびと十倉の関係をみて、十倉が千波に対して素の姿を見せてなかったことに対するなにかしらの思いはあったのでしょう。

だから、十倉のことをみやびに託した形になったのでしょう。

 

桜井は誠実なのか不誠実なのか理解に苦しみます。

結婚は考えてないけどつきあって欲しいって…39才の女性としては、いくら好きな人でもなんとも言えない気分になりそうです。

実際みやびもボーゼンとしてましたね。

 

さてさて、来週ですが見所としては、みやびようやく桜井と付き合うようですが、それに桜井のお姉さん(田中美佐子さん)がどう絡んでくるのか?それから、チラ見でしたが、諒太郎と十倉がなにか話していました。

 

 

できしな 9話 感想

 

桜井の結婚に対する不安感のようなものが、一応それなりに説明されていましたね。誠実なのか、優柔不断なのか…みやびは現在の桜井のどこに惹かれているのでしょうか。いまいちそこが描かれていない気がします。昔と変わらない所なのでしょうかね。

ところで…結局、十倉にとってみやびは理想の女性になっているのではないのかと感じてきています。いや、みやびはかなりかわいいですよね。中谷美紀さんってこんなにキュートな役ができる方だったんですね。

巨豚(キョトン)の貼り付けっこかわいかったですね。なんか、おふたりが素でやってる感じで面白かったです。

 

やっぱり、諒太郎はみやびのことを本気で好きだったんですね。小声で呟く諒太郎を見つめる梨花が映ってましたね。やっぱり梨花とくっつくのかな?諒太郎がいい子すぎて涙出そうです。みやびにちゃんとサラダを取って来てくれたり。(みやびの食生活を知っているから)

それにしても、彼氏がいるのに合コンに来ていた女の子の看護士さんはここへの伏線だったのですね。

 

 

無意識にクッキーをポリポリ食べちゃってるみやびがかわいかったですね。回を重ねる毎にみやびのかわいさが増してきてますね。

みやびのかわいさはみやびの母譲りなのですね。

ところで、教会みたいなワインの仕入れ先は、すごくロマンチックな場所でまるでデートみたいでしたね。一瞬ドッキリするシーンでした。

 

 

桜井の姉はどうやらかなりガツガツしているタイプのようですね。田中美佐子さんの意外な役柄が見られてこちらもまたびっくりな回です。

ビーフシチューをめぐる十倉と諒太郎の攻防は楽しくってすごく微笑ましかったです。でも、さすがの諒太郎のフェアリーオーラも十倉には通じなかったもよう。諒太郎の謎スマイルの意味が気になります。

 

何度見ても、十倉のアドバイス通りでデートしたりするみやびはみやびらしい本当のかわいらしさがあまり無く見えてしまいます。なんだか、桜井はまるで十倉とデートしているようで、気の毒に感じてしまいます。みやびも楽しさを感じているのかなあ?と思ってしまいます。

ところで、やっぱりだいぶん十倉はみやびに師弟愛以上の何かを感じている様子ですね。 

 

桜井姉の結婚の愚痴はすごかったですね。あそこまでやらなくてもいいのではないかとちょっとオドオドして見てました。

十倉とみやびの車の中のシーンはものすごく良かったですね。
あの十倉がみやびには、自分がモテなかった時代を晒してまで恋愛指南しているわけですから、十倉の思い入れの程が伝わってきました。

ところで、ようやく桜井とみやびがいい雰囲気になりましたね。ただね、このあとのCMの数は半端なく多かったです。びっくりしました。

 

桜井姉のガツガツ質問もたいがいひどいですが、桜井のいい雰囲気になった相手に対してのあまりにも失礼な言葉にびっくりしました。え?さっきいい感じだったよね?は?はあああ??でしたよ。

みやびのいたたまれない気持ちはいかばかりだったでしょうか。ちょっと桜井はあんまりでしょう。そりゃ、しっかり話したほうがいいでしょうね。

 

桜井の結婚に対する不安はわかりました。桜井はものすごく結婚を恐れているように見えます。 
その壁にあきらめそうになったみやびでしたが、一言一言大切に想いを伝えましたね。


すこし、エベレスト桜井の氷は溶けたのでしょうか。
桜井の口から結婚という言葉が出ました。

見守っている十倉はがんばれという想いや桜井から結婚という言葉が出たことにたいする喜びも感じられましたが、寂しさのような複雑な気持ちもあるようでしたね。俺様十倉ですが、なぜかみやびのことになると、一緒に一生懸命になってしまうようですね。 

 

十倉のアドバイスに真面目に素直に従うみやびはいつの間にやら、やはり十倉の理想の女性になっていたのではないでしょうか?

今回の回では、みやびと十倉の2人のシーンのナチュラルな自然にドキドキしてしまいました。
うーん。桜井とみやびはやっぱりお互いの過去のイメージが大幅に補整のかかっている関係に見えてしまいました。

 

もうあと一話で終わりなのかと思うととても寂しく感じます。

 

できしな 9話 ワイン(十倉とみやびが飲んでたもの)

 ル・プティー・ムートン・ド・ムートン・ロートシルトというワインでした。長い名前ですね。

 

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト[1994]

 

できしな 9話 ワイン仕入先 ロケ地

 

中伊豆ワイナリーヒルズです。こんなところでプロポーズとかされたらうれしいですね。

 

できしな 最終回 感想

 

相変わらず、桜井の優柔不断?なところは申し訳ございませんが、こちらの気持ちが焦ってしまいます。マイペースっちゃマイペースなのでしょうが…ちょっと心配ですね。

 

 

十倉の笑顔を見て、なぜかこちらまでホッとしてしまいました。藤木直人さんの笑顔がかなり素敵でした。みやびもみやびらしさが戻って良かったです。

 

スポンサーリンク

 

やっと桜井はみやびにプロポーズしましたね。みやびも本当に嬉しそうに十倉に報告していました。ただ、十倉はもうみやびには会わないと言ったときの2人はなぜだかとても寂しそうでしたね。エレベーターの閉まる瞬間がとても切ないシーンでした。あそこで、本音を言いますと、十倉がガッと扉が閉まるのを止めてくれることを祈ってしまいました。…そのまま閉まっちゃいましたけどね。

 

 

桜井がやっと決めてくれました。十倉との再会を涙を浮かべて喜ぶみやびの姿はそれだけ印象的だったわけですね。

シュートが決まるところも良かったです。今までずっと決まらなかった桜井でしたが、最後にバシッと決められて爽やかな青春の思い出にきれいな幕が降ろされた感じでした。

 

 

さあ、ようやくハッピーエンドかと思いきや、この十倉がまた憎々しいことこの上ない笑。自分(十倉)はみやびの事を一度も女として見たことがない!と言い放ちます。でもね、みやび曰わく、十倉はへそ曲がりで毒舌なわけですから、だいたい反対の意味に解釈すればいいわけですね。

みやびの事をちゃんと女性として意識していた。ということです。(みやびのことかなり心配していたみたいですし)

 

と言うわけで、はっきりとしたハッピーエンドとはとらえにくい終わり方でしたが、まあ十倉とみやびは両想いということで良かったのかな?と解釈しました。

 

セカンドシーズンまたは、スピンオフ出ないかなあ?と期待の残る終わり方でした。

 

 

今シーズン一番はまってしまったドラマでした。本当に面白かったです。

 

どうもありがとうございました。

 

関連記事

 

www.akiwo.link

 

www.akiwo.link

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog