読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

重版出来! 7話 あらすじ感想ネタバレ含む

 

 
重版出来! 7話 あらすじ

 

中田伯さんのネームノートがなくなる。

犯人は中田伯の才能に嫉妬した三蔵山先生のチーフアシスタント沼田渡さんだった。

ふとしたときに、中田のネームを見てしまい、才能の違いに動揺し、インクを投げつけてしまい汚してしまって、隠してしまったのだ。

三蔵山先生は、沼田の異変に気づき、2人になったときに穏やかに問いかけ、沼田からノートを受け取る。

自分が汚してしまったと言って、中田に返す。

その間に編集部でヒロイン黒沢心は、電子出版書籍の出版のために、とある漫画家の元を編集長和田とともに訪れる。

その漫画家の名前は「牛露田獏」(うしろだ・ばく)。

爆発的なヒットを飛ばしたにも関わらず、築いた富を使い果たしていた。

電子書籍化の話をするも、一億持ってこなければさせない!と突っぱねる。


そんなある日、中田は沼田のネームノートを読む。

その光景を道具洗いから戻った沼田は見て、声を荒げて止めようとする。

ノートを奪い取った沼田は、中田の顔を見て驚く。

中田は涙を流していた。

なんと、中田伯は沼田がその作品で伝えたかったメッセージ(ほとんど人に伝わらなかったメッセージ)を正確に受け止めていたのだった。

その折り、沼田は実家の酒屋からの酒を受け取る。

誕生日の祝いだった。


一方中田伯にはそんな家族はいない。


自分には帰る所などありません。と、漫画を書きながら呟く中田の言葉が、沼田の心に決断を下させる。

漫画の夢を諦める。という決断を。


沼田は、中田に自分が新人賞を取った時の原稿と、ずっと大切に聞き続けた落語のたくさん入った音楽プレイヤーを託して、実家の酒屋に戻った。

 

では、感想に入ります。

 

重版出来! 7話 感想

 

少しずつ中田伯さんの暗い過去が描きだされてきました。

その過去が、もしかしたら彼の漫画への才能を引き出させたのかもしれません。

しかし、来週はその過去が、中田さんの前途に影を落としそうです。
 
今回、沼田さんは漫画家の夢を諦めてしまいました。

でも、やっぱり漫画家としてデビューして欲しかったな。と、今でも私は思っています。(残り数話の中でそのエピソード入らないかな~?)

今回は、私が寝不足気味で観たせいか、全体的にぼんやりした印象でした。

ちょっとエピソードがモリモリで、一時間ではお話として物足りない感じでしたかね。

こう、スッキリ感や、爽快感がなくモヤモヤした感じがあります。

中田伯さんが、沼田さんと握手したシーン、受け取った落語を聞くシーンは、ホロリとしました。

来週一体どう動くのですかね?

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog