空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

鬱病はちゃんと病気だよ

鬱病はちゃんと病気だよ


鬱病はね、ちゃんと病気なんだ。

身体を動かす信号が、上手く身体に伝わらなくなるんだ。

ついでにモノを考えることも上手くできなくなる。

だから、生きてるのが辛いのは確かなんだけど、心が辛いという感じとは少しちがうかもしれない。

身体が辛くなる。

全身が。

セロトニンが上手く使えないから痛みも感じやすくなるしね。

食欲がなくなるのも確かだけど、モノを噛むことすらわずらわしくなるんだ。

トイレにすら立つことが辛いので、水を飲むことまで躊躇うようになる。

1+1=?なんだったっけ?って感じなんだよ。

文章なんて、書ける書けない以前に読めないし、そもそもしゃべれない。

相手の言うことが理解できない状態なんだ。

転がってるだけで精一杯なんだ。

信じられないかもしれないね。

立ち上がれない、しゃべれない赤ちゃんに戻った感覚だよ。

意識はギリギリあるのに、身体は重く動かないし、思考もまともにできない。

だから、辛い。

なのに、眠れず意識は続く。

ベッドの上に縛り付けられて顔に空気穴だけ開けたラップをグルグル巻きにして、数日過ごしてみれば、少しは感覚が伝わるかもしれないね。

まあね、思考も朦朧としているから、鬱の人はそのままでいいと感じるくらいに疲弊しているわけだけど。

脳が疲れきっているんだよ。

だから、体が動かないの。

パソコンで言えば、CPUが不調になったと考えればわかりやすいかな?

入力も出力もどちらの情報も上手く伝えられないんだよ。

さすがに脳の修復は部品交換みたいに簡単にはできないよ。

  
鬱病はちゃんと病気なんだよ。

『鬱は甘え』って言う人や鬱のことを簡単に考えている人は、頑張りやさんなのだろうから、気をつけてね。

そういう人は、ふとしたときに、鬱病に案外あっさり取り込まれるからね。

自分のメンタルドクターはかかりつけのお医者さんみたいに居た方が絶対にいいよ。


日本じゃ、メンタルドクターの重要性がイマイチ低い気がするよ。

鬱は心の病気というより、脳が上手く機能しなくなっている状態なんだよ。


大丈夫だと思っている人ほど、危ういからね。

気をつけて。

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog