読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

ないわ~。それはないわ~。

ないわ~。それはないわ~。


先日、とある人が私にお仕事の依頼?を持って来て下さった。

通訳のお仕事。

内容はその方の勤務先での国際交流会でのボランティア。

私は受けるとも言っていないのに、受けることになっていた。

私は断った。

「じゃあ、私の方から断りいれておきます。」と、言われた。

ほら、もうここがおかしい。私が悪いみたい。

 

ボランティア自体が嫌いなのじゃない。

だって英語を話すことは好きだもの。

ただ、その人が自分の勤務先にいい顔がしたいだけなのが見え見えだったから。

それに私、今、人のボランティアするより、自分の家族を大事にしないといけないから。

でもね、わかんないんだなあ。この人。

 

また今朝もメールが来てた。

無理かな?って。

19時から一時間半位だって。


一番家で子供に手がかかる時間じゃん!

てか、夜出られないよ!


私、以前この人からえらい目に遭わされたことがある。

息子さんがカラオケ大会に出るから、歌を教えてあげてっていわれて、なんとカラオケに7時間付き合わされた。

帰りたいと、言っても、まだ料金時間内だからといって帰してもらえなかった。

お昼間歌いホーダイみたいなコースにされてたらしい。

こんな風に、だいたいろくなコトにならないことが何度も何度も経験済みなので、断るメールをお返しした。


ああ、人間関係って煩わしい。

また、今日もリアル人間世界でダメージを受けておりました。


こういうゴリゴリ押せばなんとかなるって思ってる人がいるんですよね。

こう、まるで人を自分の所有物のように思っちゃう人。


なんてね。

この、とある人、とは我が姉の話。

いくら家族でも、マナーは必要。というお話。

家族でも、線引きは必要。

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog