空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

心を亡くすと書いて『忙しい』とはよくできている

心を亡くすと書いて『忙しい』とはよくできている


私は基本的に『臨機応変』は嫌いだ。
嫌いなのではない。できないのだ。

 

だから、何事にも素早くサッサと対処する事ができる人に憧れる。自分がなれないからだ。

 

数十年生きてきて、できるようにならなかったということは、おそらくこれからも難しいだろう。

 

ここ最近またジワリジワリと忙しくなってきた。
考える時間が足りない。どう考えても足りない。

 

ついでに体力も足りない。脳力も足りない。
何もかもが足りていない。

 

溢れる程に足りているのは、食欲くらいなものだが、それすらも、ダイエットの名のもと、封印されている。

 

だからであろうか。心でモノを考えていない気がしてしまう。
しっかりではなく、常にボンヤリしている感じだ。

 

これが『忙しい』という状態なのだろう。 
正に『心ここにあらず』で過ごしている。

 

で、反省。
何事も過ぎたるは及ばざるが如し。

 

私の場合、スケジュールは自分のできると思うことの半分だけにおさめておかねばならない。ということ。

 

でないと、どれもこれもがうまくいかなくなってしまう。
元々器用ではないくせに、器用な真似などできないのだ。

 

ムリはしてはいけない。
ムリはしてはいけない。
ムリはしてはいけない。

 

はい。三回唱えたので、リスケジュールします。(あら、言葉もリセットされたかしら?語尾変わっちゃった)

 

これ、たまに唱えないと、不器用なクセに、器用な人の真似をして、無理なことをしようとする、私の戒めの言葉です。(大概において、うまくいかない大きな原因のひとつ)

 

コトが自分ひとりだけのことならいいんですが、相手がいるときは、迷惑かけちゃいけませんからね。

 

では、気をつけたいと思います。

 

www.akiwo.link

 

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog