空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

運動とタンパク質とダイエットさんの三角関係

運動とタンパク質とダイエットさんの三角関係


たくさん運動して、筋肉痛とともになぜか体重まで増えてショックを受けた先日の私。

でもね、筋肉痛が治まったら、ちゃんと元に戻って一安心!!

ただ、食事バランスは気をつけました。


早く筋肉痛を治したかったもので。(イタイのヤダ)

食事の量は減らさず、ちょっとタンパク質を意識して食べました。(炭水化物とタンパク質のバランスを変えてみた)


結果、筋肉痛は早く治り、体重も減りはしませんでしたが、増えた分はきれいに元に戻りました。(あ、でも体脂肪率は減ったので、筋肉ついたかも)

どうやら、タンパク質をとらないと、運動で痛んだ筋肉の修復が遅れてしまうらしいです。


結果として、『筋肉痛が長引く』という悲しい状態になります。(=増えた体重もなかなか戻らない)


まあ、確かに筋肉は、タンパク質で出来てますからね。


ただ、ここの所、脂質が減っているので、今日は何か脂の物を食べたいなと思っています。


何が食べられないではなく、何を食べたら効果的か?を意識してみると、ダイエットが俄然面白くなってきました。


ちなみに、1ヶ月に落として大丈夫な体重の量は、今の自分の体重の5%までとのこと。

体重60kgの人なら、最大でひと月に3kgまでです。思ったより少ないですね。


それ以上の速度のダイエットは、リバウンドしやすいそうなので、気をつけたいと思います。


体重が減って来ると、つい楽しくなって食べなくなってしまいます。

でもね、もうそろそろ最後のダイエットとして完成させたいので、『いかにして、食べて痩せるか!』を意識して、『痩せすぎないダイエット』を目指したいと思います。


モデルさんでもありませんし、今後モデルさんを目指すこともありません。

美容的体重ではなく、健康的体重でいいかな?と、考えるとグッと気が楽になります。


私今までずっと、美容的体重を目指してリバウンド繰り返してるので、ちょっと年齢的にも現実を見つめたいと思います。


…体重くらい、もう普通でいいかな?

 

と、現在この様に、一生続けることを意識したダイエットを模索しております。


『ダイエットしすぎないダイエット』を目標に掲げて3ヶ月から半年かけて、ゆるく10kg落としていきたいです。

あとは、そのままキープ!です!


減らしすぎないダイエットは、これが存外にけっこう難しいのです。


それにしても、運動後は一時的に体重が増加してみたり、短期間で体重をいっぺんに減らすとそれ以上にリバウンドしてみたり、食事を減らせばその分の消化に使われる消費カロリーが減ってみたりと、カラダのシステムは、実に不可解で面白いです。


追記 Perfumeの、かしゆかさん、あんなに細いのに野菜嫌いの肉好きさんなので、やっぱり人によって合うダイエットと合わないダイエットがあるんでしょうね。(食習慣といった意味で)

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog