読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

流行り好きもまあいいんではない?

流行り好きもまあいいんではない?


私は自分で言うのもなんですが、流行り好きだと思います。

広く浅くの流行り好きです。

楽しげな広告にもすぐ飛びつきます。

まあね、あまり人様から評価される性癖でもありませんが。


でも、ブログを書き出して気がついた事があります。

流行り好きは時にはもしかしたら、いいところもあるかもしれない。とね。


だって、記事を読む層がいちばん広いボリュームゾーンになるわけです。

私は流行りに弱いので、それを反対に考えてみたら、私的にはまった流行というものには、私と同じ気持ちの人が多かったということではないかと勝手に解釈しているわけです。


このブログでは、いろんなチャレンジをしていますが、アクセス集めるのは、やっぱり自分が何気なく気になってしまう事柄や、人の事を、何の気なしに書いた記事がほとんどです。


面白いことに、気合い入れて狙った記事ほどダメなんです。

狙えば狙うほど、見事にハズれます。


やっぱり、自分が強く書きたい!と力いっぱい書いた記事と、実際に読まれる記事との間の溝は実に驚くほど深いのです。(アクセス解析しては悲しくなるくらい)


まだ、このふたつの乖離が広いので、現在なんとか狭めようと努力をしています。


そして、もうひとつ気がついた事があります。


はてなでウケる記事と、他の系統の検索などで流入してくる記事の間にはかなり違いがあると感じました。


これは、私がいろいろなタイプの記事を書いていて気がついたことです。


はてなでブクマを大量に集める記事にはもちろん良い記事もありますが、いわゆる炎上系や煽り系、ブログを用いた議論系統のものもあるわけです。


しかし、これは一般的なネットユーザーには非常にとっつきにくいように感じます。


わかる人にしかわからない内輪ネタって感じます。


だから、私は文字数は少ないし、薄っぺらいと言われるかもしれませんが、それでもわかりやすい記事を念頭に置いて書きたいと思います。


私のペルソナ(仮想対象読者)は、なかなか定まらないのですが、とりあえず、流行りの好きな自分を投影しながら記事を書きたいと思います。


まあ、時には変に力のこもった記事なども書いてしまうでしょうが、生暖かくスルッとスルーしてください。


だって、そんなに力のこもった文ばかりじゃ、疲れるでしょ?


ライトにサクッと読める。そんな記事があったっていいじゃないですか。


と、長文嫌いで頭使って読むのが苦手な自分のための言い訳を並べたてまつってみた次第です。


今回は若干内輪ネタになったことは反省。


では。お読みいただきありがとうございました。

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog