読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

幸せかどうかは誰が決めるの?

幸せかどうかは誰が決めるの?

 
私は自分のこと、けっこう幸せだと思っています。

まあ、端から見たら問題だらけ!らしいですが。


ぜんぜん世間一般の普通でもないからですかね。

世間一般の普通のイメージって高いなあと、思います。


宝くじに当たったら、町内会のない賃貸にずっと住みたいと、私がのたまったら、さすがにパートナーには、驚かれました。

笑ってましたけどね。


そうそう、私よりずっとたくさんの『普通という名の理想』を持っているのに、それに気がつかず、自分は不幸だといつも不満を言う人を多く知っています。


その人たちは、目の前で話を聞いている私がけっこう大変な状況であるということは、認識はしているけど、理解までは難しいようで、『私よりも幸せな不幸』の話を愚痴として私に吐露してくれます。


いや、まあ話を聞くくらいなら別に構わないのですが、なんだか、おかしな感じなのです。

車を持たないペーパードライバーの私に、車のローンが苦しいだと言われましても、答えに困ります。


夫のストレスから眠れないと相談?なさいますが、睡眠薬などはイヤだと言われては、なぜこの人は私にこんな話をしているのだろうか?と悩みます。


私は睡眠障害がありますので、素直に内科で睡眠導入剤を出してもらってます。  

まあ、おすすめはしてみますが、拒否されます。


まあね、ただ言いたいだけなんでしょうけど。


私から見てたら、その人たちは『幸せな自分』は認められないようです。

『かわいそうな私』が心地良いようです。


だからね、『幸せになるわけにはいかない』ようです。

なかなかややこしい、メンタルだなあと。


そんな方々と、お話するたびに、ああ、『幸せかどうかは自分で線引きして決めるしかないんだな』と感じるのです。


どんなに環境が揃っていても、『自分が幸せであることを許せない人』は、幸せにはならないんだな。と思いました。


『何をもって幸せか?』は結局自分が決めるしかないようです。

 

追記 

とりあえず、状況的にはまったくもって普通には届いてませんが、私は自分を幸せだと感じています。

 

そんなに、何もかも揃うことなんてないんじゃないかな。

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog