空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

『言葉が素直な人』

『言葉が素直な人』


私が好きな人にはある共通点があります。

『言葉が素直な人です』

 

とても簡単そうな事ですが、これは日本人には特に難しい。

本音と建前の文化が根付いていますからね。


日本語は英語に比べて『否定』を表現する言葉がかなり少な目です。


とりあえずの比較に英語を使っていきます。 


世界の公用語的言語ですからね。


では、話をもどします。


日本語では相手を『否定』するときに、とにかくなにかしらの『言い訳』を立てないといけないですよね。


単純に「私は、そういうの嫌です。」って言えない。


正しくは、言う空気すら与えてもらえない。


全体的に日本では、自分の気持ちの伝え方の訓練の機会が英語に比べて少ないなと思います。

 

英語では、『自分が好きか嫌いかを表明すること』に重きを置かれます。
 
そして、相手は自分とはちがう人間である。という前提で話します。
 

故に、違っていて当たり前が前提なのです。

 

だから、I don't like it ! ってサラッと言えちゃう。

日本語で「そういうの好きじゃないです。」っていうのけっこう気を使いますよね?


それは、日本人は相手と自分の線引きが曖昧だからなのではないかと私は思うのです。


『みんな同じ』


これって、暗に「個人の余計な意見を持つな」になんとなく近く感じます。


でもね、日本人だって人として、いろいろ思う所があるわけです。


だからね、本音と建前なんかが発達してしまったのかなと思いました。(まあ、英語にもあるっちゃあるが、日本ほどではないか、社会的に激しく問題にされるのでマジに口にできないレベル)


だから、日本人で素直に本音を言える人はかなり少ないですよね。


芸能人で言えば、タモリさんとか?

あとは、高田純次さんとか?

ああ、この人を忘れてはいけません。

黒柳徹子さん!


皆さん個性的ですが、根っこにねじれたものをこの方たちからは、不思議と感じられません。

皮肉よりも、本心をスパーンって言っちゃう感じがなんか好きなのです。


まあ、嫌いな人にはたまらなく嫌なのかもしれませんが、私はこういう『言葉が素直な人』が好きです。


これを、今私も意識して訓練しています。

『素直に言葉を発する』訓練。


なかなか難しいです。

だけどね、やる前から諦めたってしょうがない。


なんでもやってみないと!


とりあえず文字にしながら足掻いて行きたいと思います。

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog