空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

英文タイプの弱点

英文タイプの弱点


私はタイピングを、ローマ字入力で行っています。

しかし、はじめにタイピングを練習したのが、『英文タイプ』だったのです。

英単語をひたすら入力して覚えたわけです。

これが、後の悲劇のはじまりになるとも知らずに。


私は日本に住んでいます。

日常的にキーボードで入力するときは、『ローマ字入力』で行っています。

そして、英文なぞほとんど打たず、日本語を打つわけです。


ここに、『キーボード入力を英文タイプで覚えたが故の弱点』が顔を出します。


カタカナ英語の存在です。


たとえば、『ブック』と入力したいとします。

ところが、私の指は『ぼおk』と入力してしまうのです。

思いっきり『book』で打ってしまうのです。


もう、この手のミスタイプがゾロゾロとでてくるわけです。

カタカナ英語に見事に私の指は翻弄されるのです。

ですから、日本語入力検定でもここで蹴躓くわけです。


理不尽さを禁じ得ません。


いつもミスタイプをしては、「ウガアアアア!!」っとなってしまいます。


はじめに覚えたことはしつこく残るものですね。

 

追伸 最近入力をしすぎなのか、小指が変型ロボのように変型しました。いかにバックスペースやエンターをガツガツ打っているのか自覚しました。何事もやりすぎは禁物ですね。

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog