空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

2.4ギガヘルツの悲しみ

2.4ギガヘルツの悲しみ


我が部屋と無線LANの間に存在する『電子レンジ』。

ふと、ネットがブチリと途切れる瞬間が訪れる。

それは、『電子レンジ』のボタンが押されたとき。

そのボタンはいつも前触れもなく押される。

ブログをアップしている時に押されると大変困る。

下手したら、気づかずに公開を連打して、重複投稿になることも。

何度もWi-Fiの接続を確認する。

無駄な行動だ。(だがいつもやってしまう)


なぜならこれは、無線LANと『電子レンジ』とが同じ2.4ギガヘルツ故の地味な悩みであるからである。


無線LANを5ギガヘルツにしたいが、そうするとネットに繋げない機器があるので、それもできない。


ああ、まだ終わらないのだろうか?

もしや、パスタを茹でているのか?

ならば、10分はかかりそうだ。

なにやら、鼻歌が聞こえてくる。

この私の悶々とした思いとはかけ離れた、実に気分のよさそうな鼻歌が。

長い。実に長い。

どうしてくれよう!

待つ間に1つ記事が書けてしまいそうではないか!?

 

ああ…。どうやら終わったようだ。


ようやくネットが再開できそうだ。

…と思ったのも束の間。


はあああ!?またなんか電子レンジはじめたの!?

どうやら、付け合わせでも温める模様。

うむむむむ。待つしかあるまい。

一体ナニを温めておるのだ!

長いぞ!


今度こそ本当に終わった様子。

ああ、長かった…。

 

あまりに待つ時間が長かったもので、ふと2.4ギガヘルツの悲しみを綴ってみました。

お読み下さりありがとうごさいます。

では。

 

 

追記。  親切な方が教えて下さいました。デュアルバンドのAPというものを使うと解決できるそうです。教えて頂きありがとうごさいました。(現在検索しております)

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog