空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

75才女子の呟き。「町内会が身体と脳みそに堪える…。」

75才女子の呟き。「町内会が身体と脳みそに堪える…。」


とある75才の女子。

彼女はノートの前で固まっている。

隣には83才の男子。

彼もまたノートの前で頭を抱えている。

目の前に繰り広げられるコメ粒のような文字と数字の羅列。

その名は『町内会の金銭出納帳』。

年度末。

次の組長さんに渡さねばならない。

だがである。

これがさっぱり出来上がらない。

あの、コメ粒のような文字の記入欄にはみ出さずに書き込むことは、高齢者にとって、なんという苦行であろうか?

白内障やら緑内障やら老眼やら手の震えやらを抱えながらの『金銭出納帳』との闘いは、どうやらかなり厳しかったようだ。

二人はがんばった。

ものすごーくがんばった。

そして、白旗を上げた。

で、これまであまり役に立った記憶のない子供(ワタシのコト)に助けを借りてみることにした。


なんと、なんとかなったではないか!(ワタシ、はじめて役に立ったのでは?)

ギリギリだが。


老体に鞭打った二人はしばらく寝込みそうだ。

どうやら、二人して、三日ほど頭を抱えてたらしい。


まあ、ゆっくり休んで下さいな。


ところであらためて、自分が75才になったら、町内会等は本当に大変そうだなとしみじみ感じた。

体力的に、脳みそ的に大変難儀しそうである。


75才女子は小さく呟いた。「町内会のないところに引っ越したい…。」と。

その気持ち、よくわかります。


さすがに、老人ホームには町内会ないですよね!?

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog