空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

空想考察 これからの就活はどうなるかな?

空想考察 これからの就活はどうなるかな?


(このお話はフィクションです)

いろいろなブログザッピングが好きです。

そのなかでも、『就活』のエントリーって多いですね。

今はすごく『就職』が大変なのですね。

でもね、少しだけ思うところがあります。

あまりにも、お祈りされ続ける場合は、自分にミスマッチングな所にばかりエントリーなさっている場合があるのではないかと。

例えば、なんとなくで大企業や大手銀行などばかりを選んでいたりしていないかと。

どうでしょう?

中小企業も少しだけ視野に入れてみてはいかがですか?

こういうところは、将来的に独立を考えている場合、大変勉強になります。

なぜか?

人手が少ないから、ある程度何でもしないといけないんです。

経費とお給料の関係が結構ダイレクトにわかります。

総合的にバランスよくスキルアップができます。

これが最大のメリットです。

中にはかなりユニークで尚且つホワイトな企業もあります。

探してみる価値はあるのではないでしょうか?


ちなみに、これから若者は減少しますので、就職難は解消していく方向に進むでしょう。

どう考えても若さというメリットは大きいのです。


私はガッツリ氷河期に就活らしきものをしました。

ええ、、それはもう自信満々に。(何も根拠はナイ)

長所を聞かれて、「人の名前と顔を覚えるのが得意です!」と、元気よく答えました。(あとから考えるとそうでもなかった)

最後には、先輩さんに「今度、一緒にカラオケに行きましょうね!」と、最早つける薬はない人になっていました。(若さってコワイヨネ)

そして、握手をして会社を去りました。

おそろしいことに、私はこれで就職が決まったのです。

まあ、かなり痛い子であることがバレて、見事3ヵ月で退職に至りましたが。

これまで、アルバイトも含め面接は、何回受けたかわかりませんが、落ちたのは5回くらいですかね。

あ、結構落ちてますね。

いいんです。

就職が決まれば、なんということはありません。

多分落ちたところは、入っても合わなかったのだろうなと今では思います。

と、まあ私のお話は置いておいて、『就活はどうなるのかな?』です。

今はあまりに、学生側が自分達を過小評価しすぎているように感じます。

若いエネルギーを求めない企業に私は先があまりみえません。

だって、、その企業の厚生年金とか誰が払うの?

若手育てないで、どうやって成長するの?

企業体として、老化しちゃうんじゃない?とか、いろいろと頭に浮かぶわけです。

これから、どんどん若者が減るのに、自分達で育てておかないで、どうやって退職後の年金を貰うつもりなんですか?とかね。

だから、今就活している若者に伝えたいです。

自分達が思っているより、社会の基盤になりうるのであると。


皆が、大量に応募するから、相手から選ばれるんです。

需要と供給の関係です。

現在は、本当は需要の方が多いはずなのです。

皆が、自分に合いそうな所をよく考えて、的を絞って応募すれば、相手の方から来てほしいと、思われるのではないかと思います。

若さにはそれほどのメリットがあるのです。

是非ともそれを存分に活かして下さい。


(もう一度言います。このお話はフィクションです。)

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog