空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

どうしても『春菊』とはお友達になれない

どうしても『春菊』とはお友達になれない


私のパートナーの大好物。

それは『春菊』。

鍋のみならず、すき焼きにも『春菊』。

元々好物の違いが大きい事はわかっていました。

我がパートナーはとにかく薬味等が大好物。

一方私は何にもかけたくない派。

揚げ物にソースなどはいらない方なのです。

唐揚げにレモンを先にかけられるとしょんぼりします。

そんな私もパートナーと暮らしていくうちに、段々いろんなものが食べられるようになりました。

大の苦手だったぽん酢は、今や大好きになりました。

でもね…。

『春菊』とだけはどーしても仲良くなれません。

あの、すべての食材が『春菊』の香りで香り付くのがどうにも苦手なのです。

何食べても、『春菊』のフレーバーでどうにもなりません。

ところが、パートナーはそれが大好物なワケですから、隙あらば、『春菊』を投入しようとするわけです。

ここで、戦いが繰り広げられます。

「健康に良いし、旨いから食え!」というパートナーに対して、

「ヤダ!!」の、一言でゴリ押して応戦する私。

でもね、毎回結局根負けして食べるのです。(どうがんばっても理屈で勝てない)

他の食べられなかったものも、この「健康に良いし、旨いから食え!」方式で食べられるようになったのですが、『春菊』だけは、「食べられるが、旨くはない。」で止まっています。

まだまだ、大人の味覚は遠いです。

はやく『春菊』を美味しく食べられるようになりたいです。

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog