空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

空想考察 一生懸命書いて読んでもらいたい記事を読んでもらうためには?編

一生懸命書いて読んでもらいたい記事を読んでもらうためには?

 

 

前に、一生懸命書いたのにアクセスが増えないことについての記事を書きました。

本来ならば、ここに引用なりなんなり貼るべきなのでしょうが、いちいちリンク先に飛んで戻っていたただくのも申し訳ないので、その時に至った結論をまず。

「ブログを読んでもらいたいなら、わかりやすさが大事!」という事でした。

では、今回は『一生懸命書いて、読んでほしい記事を読んでもらうためには』について空想考察。

人がネットを利用するには、大きく二つのパターンがあると思いました。

情報収集と楽しむためです。

それが両立しているブログなりサイトが読み手の需要に叶っている理想的なものなんですね。

よく、アクセスアップのためにブログの方向性をまず決めないといけないとあちこちで見かけます。

しかし、今私のブログにアクセスくださる方々って、アクセス元も、アクセス先もほぼバランバランなんです。

まあ、ある意味方向性がないという方向性です。

はてなブログを再開して、一週間経ちました。

はじめの方は見向きもされなかった、『私が本当に読んで欲しかった』記事が読まれるようになってきました。

とてもうれしかったです。

おかげで、多分『自分が読んでほしい記事だけ』かいていても読んでほしい記事は読んでもらえないなということがわかりました。

『不特定多数に楽しんでもらえるコンテンツをたくさん用意しておかないといけない』と気がつきました。

読み手の興味は十人十色です。

『いろんな層の人たちに楽しんでもらえる』

そんなブログやサイトを作るには、とにかく思いついたことをなんでも書いてみよう!という結論にいたりました。

ブログやサイトは、お店に似ています。

まずは記事という商品がたくさんないと人は来てくれませんよね。

よく、良記事が大事と聞きますが、どんなものが良いのか悪いのかは、読み手の人が決めることです。

では、今回の『一生懸命書いて読んでもらいたい記事を読んでもらうためには?』の空想考察の結果です。

『読み手に親切な、わかりやすい記事を、本当に読んでほしい記事以外にもたくさんまず準備する!』

と、なりました。

以上です。

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog