空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

長崎平和祈念式典の遺族席で見た『no nuke』 のピンバッジを着けた二人組の女性に対するものすごい違和感について

長崎平和祈念式典の遺族席で見た『no nuke』 のピンバッジを着けた二人組の女性に対するものすごい違和感について

 


去年の夏、長崎平和祈念式典に行きました。

私の祖父は長崎の原爆で亡くなりました。

はじめて、祈念式典に訪れ、遺族席に座りました。

そして、私の斜め前に二人組の40代後半くらいの二人組の女性が座っていました。

何気なくその二人が付けていたピンバッジが目にとまりました。

『no nuke 』と書かれていました。

どうしてでしょうか?

そこは、遺族席なんです。

本当に遺族なら、原爆を落とした国の言葉で書かれたピンバッジになんの違和感も感じないのでしょうか。

私はものすごく違和感を感じてしまいました。

そして、その二人組は山本太郎議員が出てくると、急に立ち上がりスマホでワアワアいいながら写真を撮影しはじめました。

いいですか!そこは、遺族席なんです!

遺族の為に前の方に席がもうけられていたのだと思うのです。

私は、せっかくの平和祈念式典が台無しにされてしまった気分になりました。

『no nuke 』はその人の考え方なのでいいとしても、遺族席で騒いだりするのはやめて欲しい!と思いました。

今回はふと、空想考察ではない本音を書いて見ました。

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog