読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想考察

芸能トレンド、学習、創作、ライフスタイルなどの雑記系ブログサイト

おんな城主 直虎 七話 感想 ネタバレ含む

芸能 芸能-おんな城主直虎

 

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

 

今回は、直親の帰還と家督の相続について今川氏に願い出たところ、井伊家の領地の検地が言い渡されてしまったのでした。


困った井伊家。なぜなら大じじ様の川名の領地には、隠れ里があったためでした。


そこは、大じじ様が井伊家の最後の砦としてかくしておいた場所だったのです。大じじ様、さすがです。戦国の乱世ですから、やはり念には念をが必要なんだなと思いました。このあたり、先週のおとわの当主候補として還俗しなかった決断に通じるものを感じました。


事実、この隠れ里のおかげで井伊家は助かった事もあったのでした。それを聞いた直親は、この里のことは隠しておこうと決めます。そして、次郎(おとわ)に検地に来る人物の人となりや好みや弱点などがないか、駿府の瀬名様に尋ねて欲しいと頼むのでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


次々と事を運んでいく直親に、次郎は政次に相談はしたのか?と尋ねます。すると、直親は政次も自分もお互いそれぞれの父親のようにはなるまいというところで同じ思いであるだろうと答えるのでした。


まあ、このように頻繁に直親と次郎との絆を目の前にして、直親の妻のしのは、泣いてしまうのでした。そりゃそうでしょう。直親さんそこら辺り鈍感さんなのですね。ただ、ほんとに次郎と直親とは何にもないので、なかなか難しい所です。2人はもはや井伊家のための盟友のような関係になっていますからね。


今回は、政次さんが本当に大変な回でした。井伊家と今川氏の板挟みで、検地に来た方はとてもごまかしのきくような相手でもなく、直親は結局の所隠れ里の事を隠すのかどうかを政次に選択を委ねますし、次郎まで直親を助けてやってくれと言って訪ねてくるわ、もう思わず毒を吐きたくなる気持ちもよくわかります。(何気に次郎は政次との縁談に関しては素っ気なさすぎだと思います)


結局隠れ里は見つかってしまいました。…が、ここでまさかの直親の自分は領地を長いこと離れていたからわかりません。からの政次への丸投げには、さすがに驚いてしまいました。政次は苦肉の策で、そこを切り抜けるのでした。


いやあ!びっくり!そういう手がありましたか!と、ひとしきり感心しつつ、直親さん、あんまりです…。と思いました。


瀬名様からのお手紙はギリギリ間に合い、次郎も隠れ里の件に少し加勢することが出来たのでした。瀬名様も本当に次郎のためにいろいろとお話を聞いて回って下さったり、この2人の友情も本当に素敵だなと思います。(まさかのキーパーソンが竹千代だったとは!ついでに、今回瀬名様との結婚も決まりました。瀬名様が出てくると、かわいくて面白くて、なんだかほっとします)


さあ、なんとかかんとか検地を乗り越え、来週はどんな展開になるのか、また一週間楽しみです。

 

 

 

東京タラレバ娘 五話 感想ネタバレ含む

芸能 芸能-東京タラレバ娘

 

 

東京タラレバ娘 コミック 1-7巻セット (KC KISS)

東京タラレバ娘 コミック 1-7巻セット (KC KISS)

 

 

今回は3人娘がよく当たるという占い師の元を訪れるところから始まります。

それぞれ、香は都合のいい女であることを当てられて、小雪は不倫を当てられて、倫子は金運も男運も終わっていると言われてしまいます。

それにしても、香の件で占い師の方が、本命の彼女を高級アイスクリームに、香の事を昔懐かしの棒アイスに例えていたところが、なかなか言い得て妙だなと。

小雪は結局、丸井さんとは別れられなかった様子。丸井さん本当に良い人そうにみえて、結構ひどいなあ。と、思いました。

 

そんな2人を残し、なんと倫子に運命的な出会いが!

出会った場所はスーパーマーケット。きっかけはキャベツ。

でも、スーパーだけにか、スーパーイケメンさん。

さらにお腹を空かせた倫子にご飯まで食べさせてくれるという、神展開。

このイケメン奥田さんは、バーのマスターさんなのです。

倫子とは、映画など共通の趣味の話題などで盛り上がり、奥田さんは倫子に好意を持っている模様。

倫子も、その気が有りそうです。

 

で、恒例の第4出動。

これまでになく恒例の女子会は盛り上がります。

そこへ奥田さんより、倫子にデートのお誘いの電話が。

倫子は、ルンルンと香と小雪を置いてデートの準備の為に急いで帰るのでした。

倫子は奥田さんに出会ってから、急に恋するシーズンの脚本の代役コンペに挑戦することも決まりました。

が、結局は落選してしまいました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

タイミング悪く、KEYからいつものように辛辣な言葉を聞いた直後に、落選の知らせを受けて、酷く落ち込む倫子なのでした。

KEY君、せめて何かフォローしてその場を去ればよいものを、そのままそーっと席を立ってしまってましたね。あんまりだ!と、思いました。

 

落ち込んだ倫子は、奥田さんに会いに行きます。

落ち込む倫子の様子を見て、疲れてる?と、クレームブリュレを出してくれる奥田さん。

そのあと、ご飯食べに行こう!と、倫子を連れて肉を食べに行くのでした。

倫子は、奥田さんといると癒されていく自分に気が付きます。

もう、これは好きになっちゃうと思います。

 

ただ、KEYの過去の話も気になります。

結婚してたんですね。なんだか複雑な事情が有りそうです。

とりあえず、彼氏が出来た倫子ですが、香と小雪にも幸せになって欲しいなと思います。

さあ、来週は一体どんな展開になるのかさっぱり見当もつきません。

3人娘が幸せになりますように。

 

おんな城主 直虎 六話 感想ネタバレ含む

芸能 芸能-おんな城主直虎

 

今回は、『初恋の別れ道』というタイトルのお話でした。

…なんだかモヤリとしていましたが、予感は的中。おとわ(次郎法師)と亀之丞は夫婦になることはありませんでした。

そして、、なんと亀之丞(直親)はあっさりと奥山殿の娘を正室として迎えるのでした。

確か、奥山殿の娘さんは元々、鶴丸(政次)と結婚の話が破談になった娘さんだと思うのですが、あらまあなんと亀之丞と結婚したのでした。

 

ええええ!っとちょっと展開にびっくりしましたが、おとわが和尚の話から導き出した答えには思わずうなってしまいました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

おとわは、自分が還俗せず次郎法師として存在することで、井伊家に何かがあったときのために備えとして寺に残ることを選びます。

井伊家の為には、おとわが生きて存在することが大きな意味を持つのです。

だから、おとわを死んだことにして、亀之丞の妻になる選択は出来なかったのですね。

 

それから、瀬名さまが竹千代(家康)に少し興味を持ってきているようですね。

さあ、こちらはどう動くのか?

 

今週は、ほろ苦い初恋の終わりが印象的でした。

 

来週は、どうやら大じじ様がまたまた暴走してくださるのでしょうか?

来週も楽しみです。

 

 

www.akiwo.link

www.akiwo.link

 

 

プライバシーポリシーおよび免責事項等について

Powered by Hatena Blog